Pepro開発ブログ

peproに関することを発信するブログです

オブジェクト指向プログラミングを1年やってきたプログラマーにUnityを教えてみた

ここ最近OculusRiftとOculusGoを同時購入してしまった
かずま (@kazumalab) | Twitter
です。
今回はUnityを
KotaSakurai (@KotaSakurawi) | Twitter
に教えてみたのでその記録として残しておきます。

そもそもUnityとは

PeproはRuby On Railsで開発していますが、今回は全く関係ありません。
そもそもUnityはゲームエンジンだからです。つまりゲームを作るためのソフトウェア!

unity3d.com

会社の$100,000を超えない場合はFreeで使えます。
ちなみに僕はPlusを契約しています。(スクリーン画面が黒くなる!)

作ったもの

  • コインプッシャー

やはりUnityのはじめといえば、コインプッシャーか、玉転がしでしょう!!笑

教えていく課程

  • Unityの使い方の説明
  • ゲームオブジェクトの生成方法とコンポーネントの紹介
  • ひとまず台をC#から制御してみる(transform.position & rigidbody.MovePosition、rigidbody.AddForce)
  • UnityできますよTシャツの紹介(「僕Unityできますよ」Tシャツのコードレビュー - Qiita)
  • Prefabを作ってC#から生成してみる(Instantiate)
  • Collider周りの話(OnTriggerEnterなど)
  • UIについて(text, canvas)
  • Sceneについて&C#でシーンの制御

ここまでで1時間半ぐらいかかりました。
普通に高校生とかプログラミングやったことない人に教えるとここまでは行けないですね...。(タブン

つまりポイント

  • セミコロンつけ忘れによるSyntax Error
  • やっぱり生成時のクラス名とプログラムのクラス名違うくてアタッチできない問題(これ結構つまる人多いと思う)
  • クラス名つけるの難しい...命名規則とか

結論

  • 非常に教えやすかった
  • オブジェクト指向がわかっているとコンポーネントの概念がさっと入ってくるっぽい(GetComponent)
  • 画面構成が結構わかりやすいかも
  • 普段はRubyで型をあまり意識することがないが、C#の型ありでも案外いけた
  • 数式が出てきても全然問題なかった(Sinとかかんたんなものですが)

今回VRやる前の導入っぽい感じでやってみたので、今度はゲームも作って見ようと思います。
資料等はなく、今回はペアプロっぽい感じで一つの画面をみながら手元で動かしてもらう感じにしました。

エンジンを使うとPeproが使えないのは残念ですが、コードの共有とかはできそうだなと思いました。
これからもどんどん開発していきます。

Pepro β版をリリースしました!

こんにちは、PeproというサービスでTech Leadをやっているkazumalabです。 先日から開発を進めていました、「ペアプログラミング」をベースにしたサービス"Pepro"をリリースしました!

www.pepro.me

  • リモートでもペアプログラミングを楽に行いたい!
  • プログラミング専用の画面共有を行いたい!

という様々な思いからこのサービス開発を行ってきました。

ペアプログラミングって?

ペアプログラミング(英: pair programming)は、2人のプログラマが1台のワークステーションを使って共同でソフトウェア開発を行う手法である。 一方が単体テストを打ち込んでいるときに、もう一方がそのテストを通るクラスについて考えるといったように、相補的な作業をする。引用: wikipedia

もちろんこの通りにしなければペアプロだ!というわけではなくて多種多様なペアプロがあると思っています。 ただ、2人で1つの画面に向かってプログラミングに向かうというのはどのペアプログラミングにおいても変わらないのではないでしょうか。

今回"Peproではペアプログラミングに必要とされる、

  • 同じ画面(プログラム)を共有する
  • 指差し確認ができる
  • 声に出して会話できる

という機能を備えています。

さて、私はTwitterでこんなアンケートを取ってみました。

20票お答えいただいた方ありがとうございました。 結果は下から順番という結果でしたので実際にペアプログラミングをやっている人はそんなにいないんだ...という所感でした。 プログラミングをやってもらうきっかけにしてもらいたいなという想いがあります。

Feedback

pepro2018.sarahah.com

Sarahahを通じてフィードバック、感想、要望、バグ報告を受け付けております。 お気軽に投稿していただけると嬉しいです。

Reference

Pepro開発ブログ、始動!

f:id:Saku-Saku:20180113221702p:plain

どうも、Saku (@KotaSakurawi)です!!

現在、 "Pepro"というサービスを開発しています。
その開発の記録や技術、概要からデザインについてあらゆるものを発信する場所としてブログを作成しました。

Peproは現在メンバーは自分のさくとかずま(@kazumalab)で開発しています!

今後様々なものを発信していく予定なので、お楽しみに!